Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/c1172972/public_html/madeugraphy.com/wp-content/themes/the-thor/inc/seo/ogp.php on line 117

【HD60 X】M1 MacBook ProでPS5やSwitchを録画する環境

この記事を読むと

  • M1 MacBook ProとHD60 X(キャプチャーボード)をどうやって繋ぐか?
  • HD60 Xのパススルー出力・キャプチャ出力とは何か?

が分かります。

「M1 MacBook Proでゲームの録画と動画編集をしたい!」と思ったものの、キャプチャーボードが必要なことすら知らなかった。
そんなレベルの僕でしたが、今はTwitchでライブ配信してOBSで録画したものを動画編集してYouTubeに投稿しています。

最後に、TwitchやYouTubeで配信するようになった現在のゲーム環境についてもお伝えします。
よかったらお読みください。

M1 MacBookにゲーム画面を映す方法って?

恥ずかしい話ですが、キャプチャーボードが必要なこと自体知りませんでした。
まずは僕の環境に合った録画環境を探すところから始まります

キャプチャーボードってなんなのさ?M1 MacBook対応は?

「ゲーム PC 録画」などで調べると
「キャプチャーボード」なるものが必要であることが分かります。

 
うえだくん
これ「キャプボ」って呼ばれているものか。

調べていくと困ったことに“M1” Mac に対応したキャプチャーボードが見つからない…
当時は“M1”対応の機器が見つからなくて苦労したものでした。

 
まあしいさん
当時ようやくたどり着いたのがHD60S+でした。

 

 
まあしいさん
その後、今年2022年5月にHD60 Xが発売されたことを受け、PS5を買ったら(願望)必要になるからと購入したのでした。

 

後から知りましたが、他にもAVerMedia(アバーメディア)製品やASUS(エイスース)製品もありました。気になる方はどうぞ。
【AVerMedia(アバーメディア)製品】
AVerMedia

.tb_button {padding:1px;cursor:pointer;border-right: 1px sol…

M1 MacBookとキャプチャーボードはUSB-Cハブでつなげる

 
うえだくん
M1 MacBookに対応したキャプチャーボードが見つかったのは分かったけど、どうやってMacに繋げたの?

MacとキャプチャーボードはUSBでつながるらしい…?

ということが分かってきました。

 
まあしいさん
結論として分かったのが、この繋ぎ方でした。

 

まあしいさんがM1 MacBook とHD60 XをつないでPS5をキャプチャするとき

今回はPS5をHD60 Xでキャプチャする例でお話ししていきます。

MacBook Pro(13-inch, M1, 2020)はUSB-Cポートが2個のみ。

注意:PS5 / PS4 のHDCPを「オフ」に設定!

PS5の設定 > システム > HDMI 画面

設定のHDMI項目にある「HDCPを有効にする」をオフにしましょう。

 
まあしいさん
僕はこの設定を知らず、ずっと映らなくて焦りました。。。

解像度やフレームレートが落ちたり遅延が発生するんじゃないの?

HD60 Xの場合、下記の解像度で出力できます。

 
まあしいさん
技術仕様に記載の解像度やフレームレートなら、キャプチャーボードを経由しても出せます!ご安心ください。


出典:Elgato – HD60 X 技術仕様

 
うえだくん
僕の場合、モニターのスペックに合わせて1080pで120FPSか60FPS出せれば大丈夫だな。でも、このキャプチャとパススルーって何?

HD60 Xからは2種類の映像を送り出せる

キャプチャーボードはPS5からHDMIを通して入ってきた映像や音を、2つに分けて出力します。

  • ディスプレイに送る「パススルー」映像
  • PCに送る「キャプチャ」映像

この2つではラグ(遅延)も解像度やフレームレートも違います。予めどの位の差が出るか確認しておきましょう。

ゲーム用途のパススルー出力はHDMI経由でラグ(遅延)がない

1つはHDMIでディスプレイやTVなどにパススルー出力します。
パススルー(通り抜ける)出力のため、ラグ(遅延)が発生しません。
「HDMIの方はラグくない!」で覚えましょう。

パススルー出力できる解像度やフレームレートなどは購入前に確認しましょう。

出典:Elgato – HD60 X 技術仕様

もう1つの「キャプチャ」出力について見ていきましょう。

録画・配信用途のキャプチャ出力はUSB経由でラグ(遅延)がある

キャプチャ出力はPC画面上で体感できるレベルの遅延あり!です。

でも、録画や配信に使うためならいいんです。遅れたって。

キャプチャーボードからUSB経由でPCに映像を送ります。

USBの方は遅延も発生しますし、解像度やフレームレートもパススルー出力より劣ります。

 
うえだくん
それはどうしてなの?
 
まあしいさん
…なんででしょうね?
僕も分かりません。
教えてほしいなメーカーさん…!

キャプチャ出力したPC上の画面は遅延が発生するため主にシューティングや格闘ゲームなどのコンマ数秒を争うゲームは不向きだと感じます。

とはいえ「ディスプレイがないからしょうがないじゃん!」という意見もあると思います。

ごもっともです。ゲーミングディスプレイ、揃えたいですね…!

M1 MacBook Pro持ちの筆者のゲーム環境

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

最後に、僕のゲーム環境についてお伝えします!

筆者のゲーム環境

PS5やSwitchのゲームで遊んでいます。
Apex LegendsやFORTNITE、スプラトゥーン3などを遊びます。
ポケモンがもうすぐ発売なので久しぶり(2010年発売のブラック・ホワイト以来)に遊ぶ予定。

MacBook Proとゲームの音を同時に聞けるように、HDMIアダプターを挟んでASTRO MixAmp Pro TRに音声情報を集めています。
配信に乗せる音と別に音量設定もできて便利ですよ。

配信やDiscordでボイスチャットをするためのマイクはAT2020USB-Xを使っています。
HyperXのQuadCastからBlue MicrophonesのYeti Xをつかって、このマイクに落ち着きました。

イヤホンはSONY MDR-EX800STです。
標準的な音が聞けるので動画編集の仕事でも役立ちますし、ゲームでは足音もしっかり聞こえるのでどちらにもつかえるイヤホンです。
ちなみに以前はSennheiserのIE 40 PRO CLEAR(旧モデル?)をつかっていました。

ディスプレイはゲーム用途の方だけ載せています。
VRR対応にいつか変えたい。

YouTubeやTwitch配信しています!

本記事のようなガジェットについて話す投稿をはじめました!
よかったらぜひ、ご視聴ください。

https://www.youtube.com/@Maa-Sii_3

1日の終わりに、Apex LegendsやFORTNITEをライブ配信しています。
ゲームレベルは普通of普通?ですが、コミュニケーションとれたら幸いです!

https://www.twitch.tv/maa_sii_3

ガジェットの最新記事4件